TunapendaAfrica



学習会: 2004年
学習会: 2004年

学習会: 2004年

第15回 「文学的視点から見るケニア」

講演日:2004年12月17日

\r

講演者:溝口先生(東京女子大学、英文学教授)

\r

詳しい情報をみる

第14回 「アフリカの留学生から見た日本・祖国」

講演日:2004年11月12日

\r

講演者:

\r

Benard Owuor氏(ケニア出身 東京農業工業大学院 情報工学専攻)

\r

リチャード氏(マラウィ出身 早稲田大学理工学部情報ネットワーク)

\r

ワタラ氏(コートジュボワール出身 東京工科専門学校)

\r

詳しい情報をみる

第13回 「長谷川嘉成氏講演会」

講演日:2004年9月18日

\r

講演者:長谷川嘉成氏(前川建築設計事務所)

\r

詳しい情報をみる

第12回「大学で教えること」と「道端で描くこと」

講演日:2004年7月30日

\r

講演者:坂田泉氏(前川建築設計事務所所属、建築家。JICA派遣専門家として一年間ケニアの大学で建築論等を指導)

\r

詳しい情報をみる

第11回 「ルワンダ大虐殺から10年目、癒されない心」

講演日:2004年7月16日

\r

講演者:ルダシングワ(吉田)真美氏(ムリンディ・ジャパン・ワンラブ・プロジェクト主宰)

\r

詳しい情報をみる

第10回 「エチオピアでの活動報告と、これからの国際協力について」

講演日:2004年6月25日

\r

講演者:矢部優慈郎氏(JICA総務部 広報室)

\r

詳しい情報をみる

第9回 ケニアスタディツアー2004「Plusafarica」報告会

日程:2004年5月21日

\r

担当者:2004年スタディツアー参加者5名(柳沢敦子、原聖吾、鹿角契、土光智子、岸上有沙)

\r

詳しい情報をみる

第8回 「世界で一番いのちの短い国 本当に意味のある国際協力とは何か?」

講演日:2004年4月16日

講演者:山本敏晴氏(元MSF派遣医師、『世界で一番命の短い国』著「世界共通の教科書を作る会(ACT)」主宰)

詳しい情報をみる

第7回ビデオ鑑賞&ディスカッション「民間軍事会社-ビデオ『紛争ビジネス~知られざる民間軍事会社』(NHK・2002年12月15日放映)を観て」

日程:2004年3月5日

担当者:柳澤敦子(Tunapenda Africa キャビネット)

詳しい情報をみる

第6回「アフリカのエイズの状況とその対策」

講演日:2004年2月6日

\r

講演者:角井信弘氏(ジョイセフ(家族計画国際協力財団JOICFP)シニア・プログラム・オフィサー/アフリカ担当)

\r

詳しい情報をみる

第5回「参加型開発について」

講演日:2004年1月9日

\r

講演者:

\r

白鳥清志氏 (JICA登録国際協力専門家、農村開発・農業普及専門)

\r

白鳥くるみ氏 (JICA登録国際協力専門家、「アフリカ理解プロジェクト」主宰)

\r

詳しい情報をみる